今すぐお金を借りたい!キャッシングのススメ

お金を借りるための審査に必要な書類といえば?

必要書類は状況によって変化する

キャッシングまたはカードローン契約をする際には様々な書類が必要になる可能性があります。しかし、全ての状況において提出の必要性が考えられるものは「身分証明書」、「収入証明」などであり、通常の感覚であれば特に意識して準備しなければいけないという事は無いので安心してください。基本的に必要なものは上記2点となりますが、契約状況や各社の契約プランなどによって実際に必要なものの種類は変わってきます。

それぞれのキャッシング、カードローンで使えるものは違う

例えば、運転免許証やパスポートなどは、ほとんどの状況で身分証明書として用いることが出来ます。また、住基カードや今後はマイナンバーなどで身分証明書として利用することが出来るようになっていきます。しかし、その他の書類として使用できるものは場合によって変化していくため、時として特殊なものが必要になる可能性もあります。例えばアコムでお金を借りる場合、運転免許証やパスポートなどを使って身分を証明することが出来、実際の給与明細や納税証明書・確定申告書などを使って収入を証明することが出来ます。基本的にはこれらがあれば申し込みを行うことが出来、審査の結果次第でキャッシングおよびカードローンを利用することが出来るようになります。

場合によっては電話確認不要となることもある

アコムとカードローン契約を結ぶ場合、基本的に本人確認や在籍確認のために電話や来店による確認が必要になります。特に在籍確認についてはネガティブな印象を持つ人も多く、カードローンやキャッシングを利用する上で比較的大きなポイントとなっています。しかし、中には申込み時に提出するものを増やし、それによって本人確認や在籍確認の「電話連絡を省略」することが出来るものもあります。電話連絡が会社にあったからと言って、簡単にカードローンやキャッシングの利用が周囲にばれてしまうということは無いものの、やはり気になる人には重要なポイントになる為に無くなるという事は非常に大きなメリットになってきます。現在、そのような仕組みで契約を行えるカードローンやキャッシングはごく一部に限定されていますが、どうしてもという場合にはそういったものを利用すると精神的なストレスを減らすことが出来ます。また、以前は提出物をFAXや郵送で提出するという仕組みになっていたのですが、最近では「アップロード」による提出方法が主流となっています。