前へ
次へ

不動産売買にかかる税金

不動産売買の際に、意外と大きな出費となってしまうのが「税金」です。
綿密な額を調査したいのであれば、税理士に相談するのが一番ですが、税理士は少々式が高いものです。
そこで、この記事では初心者でもわかりやすいように不動産売買時に発生する基礎知識を紹介します。
不動産売却時には大きく分けると「印紙税」、「譲渡所得税」、「住民税」の3種類があります。
一つ目の税金の「印紙税」は、契約に応じた収入印紙を貼ります。
この価格は、取引する金額に応じて料金が高くなります。
一例を挙げると、1千万円を超えて5千万以下の場合は、20000円です。
ただし、平成26年4月1日から平成30年3月31日までの期間は軽減措置を受けられ、その価格は10000円です。
二つ目の税金である「譲渡所得税」については、利益が出た場合のみ発生する税金です。
譲渡所得とは、売却金額から、不動産の購入金額と売却にかかった諸費用を差し引いたものです。
この税金の計算方法は、譲渡所得税=譲渡金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除です。
「住民税」についても利益が出なければ払う必要はありません。
住民税=所得割額+均等割額です。

Page Top