前へ
次へ

相続した土地や物件の不動産売買でお金に

土地は資産ですが税金もかかるため、活かしてこそ価値がありますが、相続をした土地であれば不動産売買により、相続税を払うための資金としてあてることもできます。
何も使用していない更地のままで管理している土地の所有は、活かされていないので収入にはつながらず、高い税金だけを支払い続けなければなりません。
いかに土地を活かすかで税率は変動をしますので、税率をできるだけ安く抑えたいなら、居住用に使うのが最も現実的な活用法です。
思い切って土地などの不動産売買で売却をすることで、維持をする費用を無くしてしまうこともできます。
相続をした土地であるならば、譲渡税を免除をすることもできますが、土地取得の経費に相続税をあてることができるからです。
常に一定の価値と価格を持つわけではないため、物件や土地は値下がりをすることもありますが、売却をすればそのリスクもなくなります。
最初から自分が土地や物件を所有する場合と、相続をするケースもありますが、維持費や税金のことまで考えると売却の方が得なことも多いです。

Page Top